ダイエット=ライフスタイル

パーソナルトレーナーの佐々木ルミです( ´ ▽ ` )ノ

お客様との会話の中で、TVで(ダイエットや身体の事について)
こんな事をやってたんだけど…?なんて聞かれる事が良くあります。

先日は、たけしのみんなの家庭の医学のスペシャル番組の中でやっていた、
『最高齢漫才師、内海桂子師匠(89歳)の足腰の若い秘密』と、
『九重親方の見た目はメタボなのに20歳代の肉体の秘密』などの話になり、
私もその日はたまたま帰りが早く見ていたので、その件についていろいろお話しました。

その番組は、内海桂子師匠や九重親方の日常に密着取材をし
その秘密を探していくというものでしたが、
トレーナーだと見る前にだいたいの予想はついちゃうんですね。

内海桂子師匠(89歳)の足腰が若い理由?

あ~、よく歩くんだろうな~、大股で早く歩くんだろうなぁ~。
で、食事もしっかり摂れてるんだろうな~特にたんぱく質が。

九重親方は見た目はメタボなのになぜ肉体が20歳代なのか?

今は特に運動してないってことは、食事の内容やとり方だろうなぁ~。

って。

そして確かにその通りで、今回ここではその内容を詳しくは掘り下げないですが、
いかに運動と食事内容や食事の仕方が大事かと言う事を再確認するものでした。

今までも何度も何度も言われている事ですよね、運動が大事。食事が重要って。
だから今回の内容的には特に新しい事があるわけではない。

では、今回の番組の中での着眼点は何だったのか。


私は、「それを苦と感じていない」ところだと思います。
ライフスタイルそのものが、たまたま理にかなっていた、と言えるくらい
自然にその行動ができているところが1番の若さの秘訣、と。


ダイエットも同じです。

ジムに必ず週3回!とか、
1食をプロテインドリンクに置き換える!
炭水化物抜き!
食べない!
飲まない!

でもそんなの、一生続けられないですよね。

短期間そのやり方で頑張ったとしても、元に戻したらリバウンド必至。
頑張って筋肉をつけてしっかり運動してダイエットしたって、目標体重になったからって運動をやめて元通りの生活をすれば、またダイエットする前の体型に必ず戻ります。



ダイエット=ライフスタイルです。

自分の身体にいいと思える事を選択する事、そしてそれが自然と出来るようになる事、
身体のためになる事を知る事、身体にいれているものの得体を知る事。

そしてそれをしている事がストレスになるどころか、
それをしない事がストレスに感じてしまうくらい心と身体が変わる事。



ダイエットのため、健康の為にジムに週3回?

もちろんそれもいいけど、週3回のジムよりも毎日の生活

それが大事。

毎日の生活の中の、食事内容、姿勢、歩き方、食べ方、飲み方、睡眠、
立ち方、座り方、呼吸の仕方…挙げたらキリがないですね。

前回、モデルや女優が細いという話を出しましたが、
彼女達はただ細いだけではなく、あー見えて意外と筋力があります。

人に見られる職業ですから、常日頃、姿勢もピシッとしていますし、ショーや撮影などでは15cm以上もあるヒールを履いてサクサク歩いたり、ポーズをとったり。時には身体に負担になるようなポーズをとって、そのままキープしなくてはいけない事もあって。それなんかまさに、アイソメトリックトレーニング(※注1)ですよ(笑)



短期や長期、期間を決めてダイエットをするのもいいですが、
ダイエットに終わりがあると思ってしまうと
失敗率が高まります。

生活を変える=自分が変わる

心に留めておいて下さい!

※注1 アイソメトリックトレーニングとは、等尺性筋収縮のこと。
筋肉の長さを変えずに力を加える運動です。


This entry was posted in ダイエット知識 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.