PFCバランス

9月も半ばだというのにまだまだ暑い日が続いていますね(`-д-;)ゞ

なかなか夏の疲れが取れない方も多いと思いますが、あと1~2週間もすれば過ごしやすくなってくる・・・ はず・・・ と思いますので、もう少しの辛抱です!

今日は、その夏の疲れが取れた頃・・・ 
秋も深まり、食べ物が美味し~~~く感じられる頃に、
食べ過ぎて脂肪を溜め込まないようにできる心がけのお話をしたいと思います。

もちろん秋だけでなく1年中有効です*´∀`)



今までにも、ダイエットの為には「摂取カロリー<消費カロリー」が大事とお話ししました。
1日の摂取カロリーが消費するカロリーを上回ることがなければ
太ることはないし、減量も可能、と。

でも、そのカロリーの中身が重要!

摂取カロリーが消費カロリーを超えてないからと言って、お菓子や甘いものを主食のようにとったり、身体にいいからと単品ばかりを食べていたら・・・

集中力がなくなり、少しのことでいらいらしたり。
疲れやすくなって元気がでない、肌が荒れたりくすんだり。oh,no

それ以上に健康を害してしまう、なんて事にもなりかねません。
というか、害します!心身に影響します!!

きちんとした栄養バランスの食事をとらなければ、
健康的に痩せたり体型を維持したりなんてことはできないのです。

では何をどれくらいの割合で取るのが理想的か???

皆さんは

PFCバランス

という言葉を聞いたことはありますか?

KFCではないですYO!(。-∀-)

v P=Protein たんぱく質
v F=Fat 脂質
v C=Carbohydrate 糖質(炭水化物)

この3つの頭文字をとって「PFC」
私たちのエネルギー源となる三大栄養素、
たんぱく質脂質糖質(炭水化物)の摂取バランスのことで、
1日に摂取するエネルギーの割合を示したものです。

厚生労働省では、タンパク質15%、脂質25%、炭水化物60%のバランスを推奨していますが、私は通常のバランスとして、P=20%F=20%C=60%を心がけています。
そしてダイエットやボディメイク期間にはそのバランスも変化し、例えばある一定期間を、P=30%F=20%C=50%に変えてみたり、短期限定で大きく変えたりしています。

下の表は厚生省推奨のバランスを円グラフにしたものです。

pfc balance

ネットから拝借しました^^




注)2015年版では、糖質 50~65%、たんぱく質 13~20%、脂質 20~30%、と、若干変更されています。

巷では、糖質カットダイエットなどがすぐに効果の出るダイエット法としてもてはやされている傾向にありますが、この表を見ると、いかに糖質が人間にとって大切な栄養素であることがわかると思います。
くれぐれも、糖質制限など極端なダイエットはなさらぬよう・・・

特に1食1食をこのバランスにする必要はなく、
1日のトータルがこのバランスになるように心掛けてみて下さいね(。ゝ∀・)ゞ♪

memo一口メモ:
三大栄養素の1g当たりのカロリーは、たんぱく質4kcal、脂質9kcal、糖質4kcaになります。
ちなみにアルコールのカロリーは、1gあたり7kcalです☆



This entry was posted in ダイエット知識, and tagged , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.