消費カロリー

こないだイギリスの本をオーダーしたのですが。

その中に入っていた「しおり」がコレ↓
01

運動や日常生活での消費カロリーの一覧表になっていました。

なぜ消費カロリーなのか・・・?

謎です(笑)

が、なかなか興味深かったので今日はちょっとだけ消費カロリーのお話!!




私たちが日頃消費しているカロリーは、

*基礎代謝
*生活活動代謝
*食事誘発性熱産生

の3種類があって、その合計が1日の消費カロリーとなります。

基礎代謝はカラダの大きい人(体重の重い人や筋肉量の多い人)ほど高くなり、1日の消費カロリーの約6~7割がこれにあたります。

そして生活活動代謝、これが今回のしおりにあったような、運動、家事、仕事中など日常の様々な活動で消費するカロリーにあたり、全体の約2~3割

最後の食事誘発性熱産生が残りの1割で、私たちが食べたものを消化・吸収するために使われるカロリーとなります。

こう見ると、「基礎代謝を上げることがダイエット、健康への近道」だという事がわかりやすいですよね。だって消費カロリー全体の約6~7割も基礎代謝が占めているわけですから^o^



でも!

前回のAllAboutの記事❝モデル直伝~脚痩せの法則~心がけ編❞においてもお話しした通り、日常の生活の中でエネルギッシュに動く事により生活活動代謝を上げ、1日の消費カロリーを上げることは可能です(^_-)☆




ちなみに先ほどのしおりのClose UPはコチラ ↓  一部分ですけど^^;
02

   

このしおりには「平均的な大人が30分で消費するカロリー」と書かれているのですが、体重も性別も未知、運動強度も未知なので全くもって信用なりません(笑)

だって、例えばこの中に “Sleeping 23kcal” ってあるけど、
筋肉質で思いっきり寝相の悪い人と、
身体の小さい華奢な女性がじ~~~~っと静かぁ~~~~に寝ているのでは
差が出てくるわけで・・・
“Dancing 205kcal” も slow dance なのかめっちゃ hip hop なのかで
変わってくるわけですョ・・・極端な話ネw




では正確な消費カロリーを知りたい場合はどうするか(-_-)/



1.05 x 体重(kg) x 運動時間(h) x METs数



そんな時はこの計算式↑↑で割り出すことが出来ます\(^^)/



METs(メッツ)とは“Metabolic equivalents”の略で、運動や身体活動の強度の単位のこと。
その運動/活動をしている時に、安静時の何倍のエネルギー(カロリー)を消費するのか・・・を表している単位です。


ちょっと難しいかな・・・汗

要は、安静時が1METs
普通の歩行(犬の散歩程度)は3METs
ランニングは7METs
という感じに数値化されているものです。(もちろん、走る早さやコースによって変わります)

私としては、摂取カロリーや消費カロリーを細かく正確に計算したりしてガチガチに考えてしまうのもよくないと思っている所がありますし、一般の方がそこまでカロリーを細かく割り出す必要はないかと思いますが、
食べるものや運動のカロリーの目安を知っておくことは大事だと思っているので、
もし興味のある方は、国立健康・栄養研究所が出している身体活動のMETs表というのがあるので見てみて下さい。なかなか面白いですよ^^v



This entry was posted in ダイエット知識, 連載 and tagged , , , , , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.