低糖質ダイエットにカリフラワーライス!

サロンワーカー向け会員サイト* 内で連載中のコラム、
Beauty & Healthy Body
にてただ今ご紹介しています、『カリフラワーライス』
反響があったのでブログでもご紹介します。

img

出来るだけ
オーガニックをチョイス★


低糖質を心掛けているけど全く食べないのは続かない、レパートリーが限られてしまう、
野菜が不足している方などにオススメ!

このカリフラワーライス、その名の通りカリフラワーをごはん替わりに食すものなのですが、想像に反し美味しい!!そして簡単にできちゃう!私もすっかりお気に入りです。

もちろん、食べてみて「まぁ!白米と全く変わらない美味しさだわ!」な~んてことには
なかなかならないので、和食のご飯替わりには抵抗があるかと思います(笑)

でも例えば、カレーのご飯替わりや洋食メニューのサイドディッシュとして、
または炒めご飯風に応用すれば、主食を食べたと同じような満足感も得られるので
ストレスなくカロリーOFFが可能。

その上カリフラワーにたくさん含まれているビタミンCは
熱を加えても壊れにくいから美肌・美白効果も高く、
そのほとんどが不溶性食物繊維なので便通よし!
で腸内環境が改善!免疫力もアップ!など
嬉しい効果がたくさん得られるので嬉しい*

レシピを載せますので、興味のある方は是非お試しください(^_-)-☆




【カリフラワーライスの作り方】

≪準備≫

• カリフラワーの葉を取り、黒や茶色に変色した部分があったら取り除く。
小房に切り分ける。

img

丸々1個のカリフラワーを4等分にしてから
小分けにすると切りやすいです


• 均等に微塵切り状態(完璧に粉砕はしない)になるまでフードプロセッサーにかける。
少しだけ時間はかかりますが、グレーター(おろし器)か、包丁で微塵切りでもOK!

img

これはもうパッと見ごはんでしょう笑


冷凍保存したい場合はこの状態で冷凍。
冷凍も試しましたが風味も変わらずでしたよ。
この後の調理法は様々あるので、お好きな方法でお試しください。




≪調理法≫

(その1)
フライパンでほんの少量(多いとカロリー高くなっちゃうからね)のオイル(オリーヴオイルやグレープシードオイル、ココナッツオイルなどがおすすめ)を中火で熱し、
カリフラワーライスを軽く水分が飛ぶまで炒める。
しっかり飛ばすとカリカリ感が増すので水分量はお好みで。
微量の塩とこしょうで仕上げます。

(その2)
オーブンシートにカリフラワーライスを敷き詰め、
210~220度に予熱したオーブンで15分ほど調理。
途中1度は混ぜてまんべんなく火が通るようにね。

(その3)
電子レンジ用容器に入れ1分ほどレンジでチン!
この方法が一番水分が残っていて、ほかほかごはんに思えなくもない…かも?

img

コチラはフライパンで調理したものです。


オススメはやっぱり冷凍より出来立て、
レンジよりフライパンかオーブンって感じです☆

Bon appetite!



This entry was posted in and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.