自分で出来る農薬除去法のいろいろ

ヘルシーな食事に気を使い、野菜や果物など積極的に摂るようにしていると、
気になるのはやはり残留農薬。

特に、野菜や果物を皮ごと使うスムージーやフレーバーウォーター(インフューズドウォーター)に使うものはオーガニックを選びたいけど、
なかなか手に入らなかったり、価格が高めなので苦労もしますよね。

なので今回は、自宅で出来る農薬除去の方法をいくつかご紹介したいと思います。

重曹のみを使う方法は、以前、
AllAboutアップルシナモンウォーターの記事でご紹介しました。

因みにアップルシナモンウォーターの記事でご紹介した方法は、
•  水を張ったボウルに小さじ1の食用の重層を入れ溶かし、重曹水を作る。
•  その中に、30秒から1分間ほどりんごを浸し、最後に洗い流せばOK!
というもの。

今回ここでご紹介するのはもう少し踏み込んだ方法や、もう少し簡単なものです。


まずは、コチラ。

用意するものは↓
•  水 240ml
•  蒸留ホワイトビネガー 240ml
•  重曹 大さじ1(15ml)
•  グレープフルーツ種子抽出物:20滴(レモン汁で代用してもOK)

(グレープフルーツ種子抽出物は健康食品を扱うショップなどに売っているらしいのですが、エタノールなどが混ざったものも多いので、レモンの方がいいかも。もちろん天然のグレープフルーツ種子抽出物が手に入るのならそちらで!)

以上の材料をボウルで混ぜたら、100均などでも手に入るスプレーボトルに入れ、果物や野菜にスプレー。
約5~10分おいたら洗い流す。

ただしこの方法はきのこ類には使えないようなのでご注意を!
あと、イチゴやブルーベリーなどは、傷みやすいので重曹以外で農薬オフしたほうがいいようです!(豆など小さいものも)




ベリー類や豆には以下の方法で。

用意するもの↓
•  大きいボウル
 (シンクとも書かれているのでかなり大きくていいかも)
•  自然塩 大さじ4(60ml)
•  レモン汁 1/2個分

冷水をボウルに張って塩を入れ、
塩が十分溶けてからレモン汁を足す。
ベリー類・豆などを10分浸し、最後に水でよく洗い流す。

特にベリー類は表面も柔らかく傷みやすいので、
浸している時や洗い流す時は気をつけて下さい。




その他にも、重曹を使わず、
3:1のお水:蒸留ホワイトビネガーに漬けてから洗い流すという方法もあるようです。

ただお酢を使う場合はお酢の香りが野菜や果物に移って気になる人もいるようで・・・
中には重曹やレモン汁など用意がメンドクサイ!という人も。
傷みやすいイチゴには塩味がついちゃって気になる人もいるかも。

そんな場合は、葉物野菜などは外側の葉を取り除いて根本部分をしっかり洗うだけでもかなり効果はあるようですし、表面の柔らかいものはザルで流水振り洗い、硬いものはスポンジなどでしっかりとこすり洗いをすれば、農薬を30~80%減少することも可能なようなので、しっかり洗うことに集中しましょうか 笑
img

農薬除去にはコレ!っていう1つの絶対的な方法がないので、
コチラもいろいろ試して自分がいいなと思う方法を探すのがベストかと思います!



This entry was posted in 美容, and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.